男性と女性の求人案内について

男性でも女性でも、求人を探す人は多いようです。求人情報をこまめにチェックして、次の仕事を探してるという男性は多いようです。求人欄に並ぶ情報を見ても、男性と女性のどちらが対象なのか明確になっていないことがあります。求人情報では、男性向け、女性向けという区分けはありません。なぜかというと、男女機会均等法のせいで、そういう募集が違法になったためです。男性が多い職場ですという書き方をしたり、女性が活躍していますという書き方をすることで、男性向け、女性向けのどちらの求人であるかを遠回しに表現することもあります。ごく普通の求人情報なら、条件をクリアしていれば男性でも、女性でも応募自体は可能です。ただし、男性が活躍していますという表記をしている場合、男性のみを必要としている場合もあります。求人を出している会社としては、男性社員を必要としているというわけです。女性が求人を見て連絡をしてくることはあるでしょうが、会社は頃合を見計らって不採用の返事をするだけです。採用を見送った場合に、なぜかを話す必要は会社にはありません。女性のみか、男性のみなのかは、求人情報に目を通していけば何となくわかります。もしも男性用の求人に女性が応募したり、女性用の求人に男性が応募したとしても、書類審査で採用を見送られてしまうでしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。