仕事の適性とは

何の仕事に適正があり、どんな仕事をしたいと考えているかは、とても重要です。販売や営業の仕事には、初対面の人とでも和やかに話せることが大事です。会話が得意ではなく、人とうち解けるまでに時間がかかるという人は、営業の仕事を続けることは困難だといえます。適性のみで仕事を選ぶことができるわけではありませんが、考えをまとめる上での指針になります。自分に合う仕事を選ぶ時に、適性にあっていればいいというものではありません。大学の就職セミナーでは、適性試験を受けて仕事を選ぶようにという話をされることがあります。全ての人に適性検査の結果がばっちりあてはまるというわけではないことは覚えておきましょう。あなたは経理に適性がありますと、ある適性検査で出たとしましょう。人によっては、経理に適性があったとしても、それよりずっとやりたいことがあるという人もいます。必ずしも適性がある仕事でなければいけないということありませんので、その点は注意してください。挑戦してみて、自分の適性を大きく延ばしていきたいという考え方もあります。なりたい仕事を選ぶ時には、適性検査は参考意見にはなりますが、決定的な強制力を持っているものでは決してありません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。