仕事の適性とキャリアプラン

自分の適性に合わせて仕事を選択することができれば、長く働き続けることができるでしょう。まずは適性に基づいてキャリアプランを書きます。実際に働き始めたら、思い描いていた仕事と違っていたという理由で、勤めてすぐに次の仕事を探し出す人もいます。多くの人が、仕事を始めてからさほど歳月が経過していないのに辞めてしまったりします。社会の風潮の影響もあり、仕事を変えること自体はよくある話となっています。仕事を変えることが、それほどまれなことではなくなっています。むしろ、終身雇用制の中で定年まで働くというスタイルが珍しいようです。会社を変えることは一般的になっていますが、1人の人が何度も転職をすることは感心できる話ではありません。継続して勤めることができない理由が、本人にあるのではないかと思われるためです。キャリアプランを明確にして、今後どのような人生設計を歩んでいきたいかを決めることで、計画性のある転職をしていくことができるようになります。キャリアプランを作成することによって、将来的にどういった働き方をしていきたいか、仕事と人生の関わりをどう考えるかを決めます。今まで生きてきたことで積みあげてきたことや、満足できることは何だったかを考察します。キャリアプランをつくる上では、今までに会ってきた中で強い印象を持った人や、目標にしてきた人を思い出します。記憶を整理して、過去の成功や失敗を思い出し、どんなことをしていきたかを考えましょう。これまで、どんなことを積み重ねてきたのかも、技術や実績の形で洗いだします。現在まで、自分が行ってきたことは何かを明確にして、将来の自分につなげていきます。この先、自分は何の仕事をして、どんな状態を目指していきたいのかを確認することが、仕事選びでは核になります。自分の適性に合う仕事をすることは大事ですが、そのためも、明確なキャリアプランをつくって自分が目指すところをはっきりさせましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。