仕事の適性と検査

適性検査を受けて、その内容を参考に自分の就く仕事を決める人は少なくありません。仕事との相性を簡単な質問でチェックするものが、適性検査といいます。会社によっては、適性検査の結果に基づいて採用の可否を決めるところもあります。採用試験の最初の段階で適性試験を受けてもらい、その内容を見ながら面接をする企業もあります。適性検査を受けた上で、自分がこれからつくべき仕事はどんなものが望ましいかを判断しようという人もいるようです。仕事を選ぶ時に適性検査を受けることで、自分にはどういった仕事が向いているかを判断できます。いざ働き始めたところ、結果も出なければやりがいも感じられず、満足できずに仕事を辞めたという人もいます。仕事についてみて、初めて自分にはこの仕事の仕事と適性がないことに気づき、精神的に追いつめられる人もいます。自分と適性とマッチングしている仕事だと思っていたけれど、手掛けてみたらそうでもなかったという人もいます。どうして仕事と適性が合わなかったのかといえば、適性結果の内容が必ずしも正しいものではなかったということもあります。仕事を選ぶ時は、ただ適性に合っていればいいというものではありません。今まで培ってきた経験や、この先どんな自分になりたいかで、最終的に仕事を決めることが大事です。まずは適性検査を受けて、その結果を確認してみることです。その上で、この仕事についた自分を想像してみたり、どんな将来像を描いていきたいかを決めることが大事であるといえるでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。