理学療法士


【理学療法士】


理学療法士の主なお仕事内容は、運動療法や物理療法を駆使して、身体の不自由な方やご老人の方々の体調を回復させていくことです。

一般的にはPT(Physical Therapist・Physio Therapist)と呼ばれています。

作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)など、リハビリテーション専門職と言われている職種の1つです。


突然降り掛かってきた重大な病気や交通事故などによって、不本意ながら身体の機能が維持できなくなった人々の為に、病院の先生(ドクター)や看護師等のスタッフと協力して、治療や指導を行なっていく先生でもあります。


もちろん、理学療法士も医療従事者なので、医師や看護師と同じように、国家試験に合格しなければ働くことができません。


高齢化社会の時代がやってきますので、今後も理学療法士の需要も高くなってくることが予想されます。


高校を卒業して、理学療法士の専門学校で3~4年間の学科・実技などを習得して、国家試験の合格を目指します。


専門学校の費用は正直高額ですが、就職先も今後増えていくと思われますので、手に職を付けるやり甲斐のある資格だと思います。


新卒の大学生が、そのまま理学療法士の専門学校に通うケースも年々増加傾向になります。




●理学療法士の定義●


厚生労働大臣の免許を受けて、理学療法士の名称を用いて、医師の指示のもと理学療法を行うことを業とする者を言います。

厳密に「理学療法士及び作業療法士法」という法律で定められています。

| MR»

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| MR»