就職と経歴書の内容

就職活動時の書類審査では、履歴書と職務経歴書によって判断されます。どちらも評価する時には大変重要な書類となります。履歴書は、フォーマットも決まっています。生年月日、大まかな学歴と職歴、趣味、志望動機など、履歴書に書くべきないようはどちらかという事務的なものです。多少の違いはあれ、履歴書はほぼ同じような内容になります。その点、職務経歴書は、こう書くという決まりがありません。オリジナルのものが作りやすいですが、逆に何をどう書けばいいかがわからなくなりがちです。職務経歴書はこう書かなければいけないという決まり事がないため、自分でレイアウトから考えなければいけません。ある意味個性が出ますし、アイデアがある人は他の人よりも有利になる可能性があります。ほとんどの人は書式が自由となると反対に戸惑ってしまい、職務経歴書が書けないようです。職務経歴書の書き方のノウハウ本やインタネットの転職サイトでも、いろいろと職務経歴書の書き方が掲載されています。使えそうだと思った職務経歴書のフォーマットで、まず自分用のものを書いてみましょう。過去に経験した仕事の内容や、その仕事で得た自分のスキルや実績を文字化することが、職務経歴書を書くときには必要です。自分は新しい職場ではどのような形で役に立つのか、その根拠となるキャリアや技術は持っているのかなどをまとめます。採用企業側の担当者は、全員の履歴書と職務経歴書を丹念に見てているかといえば、そういうわけではありません。職務経歴書の内容を読みやすくまとめておくことで、職務経歴書一枚当たりのチェック時間が長くないという企業でも、十分にアピールが可能です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。