就職と職務経歴書の書き方

就職の時に大切な書類である職務経歴書の書き方に決まったものはありません。就職活動のノウハウ本やウェブサイトによっても、内容はいろいろとあるようです。ネットや書籍で実例を幾つかチェックして、自分にとって書きやすいものや、就職活動時に役立ちそうなものを選択しましょう。いいなと思った職務経歴書が見つかれば、自分の情報を書き入れてみるといいでしょう。採用担当者が一人一人の職務経歴書に目を通す時間は、恐らく一分も満たないのではないでしょうか。採用倍率や会社の規模にもよりますが、読み手で読みやすい職務経歴書を書くことが大事です。どんなことが書いてあるかも重要ですが、文字の配置や大きさ、情報量なども重要なことだといえます。短い時間の中で、経歴書を見ただけで、興味を持ってもらう為には、自分よがりの書き方では無く、採用担当者の立場になって内容を考えて、読みやすい書き方にすることが大切です。より多くのことをしっかり伝えたくなりますが、だらだらとした書き方では逆効果です。経歴書の内容は簡潔に整理して書くことが大切です。かといって、基本情報が足りなければ相手に話しが通じませんので、最低でも元の会社の情報は書き漏らさないようにしましょう。会社の知名度にもよりますが、中小規模の企業に勤めていた人は、企業情報を書かなければ相手に通じません。そして、今までどんな職種についていたかを細々と書くのではなく、シンプルに、簡潔に、要点だけをかいつまんで職務経歴書を作成します。求人内容や会社事業から、相手企業が必要としている人物像を割り出し、自分がその人物であることを職務経歴書でアピールすることができれば、就職活動はきっとうまくいくでしょう。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。