就職活動での経歴書について

再就職をする時に履歴書と一緒に提出する職務経歴書は特に大切な書類といえます。大学の新卒予定者の場合は就職の経験がない為、職務経歴書を提出する必要はありません。職務経歴書は、過去に働いていた、あるいは現在進行形で働いている人が転職する時に必要です。企業はすぐに戦力になる人を欲しています。採用後、現場で働いてくれる人物になれるかどうかの判断材料に、職務経歴書の内容が関わるためです。企業側が即戦力を探しているということを前提にした上で、職務経歴書の内容はわかりやすく、理解しやすいものにします。職務経歴書は、新卒者は出してはいけないというわけではありませんので、アルバイト歴や経験をまとめて自己アピールに用いるのもいいでしょう。職務経歴書の目的は、履歴書ではわからない実際にした仕事の詳しい内容を人事担当者に伝えることです。これまでに自分がどんな事を経験してきたのかを詳しく書くことで、採用後の会社での貢献度を評価してもらえます。しっかり職務経歴書の内容を考えて、書類選考のチャンスをしっかり掴むようにすることが就職活動のポイントです。職務経歴書は定まった形式がなく、マニュアルなどでは再三取り上げられていますが、定形のものは存在しません。どの業界を希望しているか、どんな会社に入りたいかによって、職務経歴書の書式は自ずと変わります。職務経歴書を作成する時は、その企業がどんな人材を求めているか、業界全体の特性は何かなどを踏まえて書くとうまくいくようです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。