求人情報を収集して仕事探しをする方法

新しい仕事につきたいという人の多くが、近年では、求人サイトを使っています。ハローワークを利用して仕事探しをしている人もいます。ほかに仕事を探す方法はないのでしょうか。人との関わり合いは、仕事を探す時の助けになります。学生時代の友達、現職や前職の同僚、社会に出てから知り合った友人などさまざまな人脈があると思います。時には、数年来の友人と酒飲みがてら話をしたことがきっかけで、求人サイトに見つからないような有力な求人情報が得られたりもいます。全く畑違いの相手でも、相談の内容によっては力になってもらえることもありますので、連絡をしてみるのもいいかもしれません。同級会の幹事などをしていると、何かの拍子にぽろりと仕事の話が出てきて、求人につながることがあります。求人情報の収集という意味では幹事は大変ですが、やっておいて損は無いでしょう。今の仕事の中でつき合いのある顧客や元請け会社などに転職の話をすることで、チャンスが見つかることもあります。仕事探しの方法は、ハローワークや求人サイト以外にもあります。転職につながりそうな情報やコネクションを探すためのアンテナを張っておくと、いい求人に出会えることもあります。様々な方向から求人情報が入るようにしておくことで、いい仕事につくきっかけが得られることがあります。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。