大学の就職偏差値

大学の就職偏差値についてです。

最近は学生の就職内定率が低迷しています。

近ごろは就職率の高さで大学を選ぶ人も多く、単純に偏差値が高いというだけで大学を選ぶのではないようです。

どんな企業が大学生に人気なのかを表したランキングや、有力企業を日経平均株価指数の採用銘柄から400社選びその企業への就職率を順位で示している資料もあるようです。

大学を選択する一つの条件として、就職率の高い大学というのはかなりポイントになっているといえます。

たとえそれほど高い偏差値ではない大学でも、就職内定率が高かったり、優良企業への就職率が優秀な大学もあるようです。

大学選びでは、偏差値や大学で学べる内容や大学自体の環境だけでなく、大学卒業後にどんなところで働きたいかも視野に入れる必要が出てきています。

2012年度では、有名な大学ほど入学偏差値は高くないけれど、就職実績が高い大学として小樽商科大学が関心を集めました。

就職実績でいえば名門大学の部類に入る小樽商科大学では、実用的なキャリア教育を行っているといいます。

大企業からも評判がよく、活躍をしている卒業生もたくさんいるといいます。

それほど大学受験をするときに偏差値が高くなくても就職には無関係な場合もあります。

就職支援が優れていたり、キャリアアップ教育が秀逸な大学であれば、一流企業への内定も偏差値とは無関係に得ることができるといえるのです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。