第二新卒での転職を成功させるためには

どういった点を重視して、第二新卒者は転職活動をするといいでしょう。企業が第二新卒を採用する理由として、研修費用がかからないということがあります。言い替えれば、ビジネスマナーや言葉づかい、対人ノウハウなどが最低限はできていなければ、第二新卒の強みを持っていないことになります。既に社会で働いたことがある人を雇う場合は、これらのことは大前提です。学ぶ姿勢や成長意欲を持っているかどうかが重要となります。新卒、第二新卒、中途採用に限らず、採用は企業にとって投資であることにかわりないからです。ものの数年で前の職場を離れた経歴がある人が、次の職場で再びそれを繰り返さないとは言えません。短期間で辞められては企業は痛手です。前職を早期に退職した理由を明確に説明できることがポイントです。かつての職場ではどんな経験を積み、それを今後どう活用できるかも重要です。転職活動を成功させるためには、次の職場で長く働き続けられること、会社の役に立つ存在になれることをアピールすることです。大切なのは、入社したい理由ではなく、入社後にどのようなスキルでどのようなことをして会社に貢献できるかをきちんと述べられるかどうかです。第二新卒での転職時には、新卒のとき以上に入社後についてもしっかり述べられることがさらに重要となると考えられます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。