第二新卒でも転職するのは可能です


第二新卒でも転職するのは可能です


第二新卒という言葉が、転職に関係するニュースや情報サイトに登場するようになりました。

第二新卒とは、学校を卒業して一度は就職したものの2、3年程度の短い間のうちに転職を希望する人のことを言います。

就職活動がうまくいったはずなのに、今の仕事を短期間でやめようとするのはなぜでしょうか?

背景事情は人それぞれですが、理由には何種類かあるようです。

新卒で就職した際に、第一希望としていた企業に採用されなかったり、内定取り消しをされたりなどのケースがあります。

なんとなく、とりあえずなどの漠然とした目的で就職先を決定して働いてみたという人も多いようです。

そういった人たちのうち何人かは、今後こそ自分の希望に合う企業に採用されたいと思うのです。

新卒で就職した際に、そうとは知らずにブラック企業に入社してしまったと気づいたケースなどがあります。

しばらく働いたことで、その会社の実情がわかるということもあるでしょう。

第二新卒者は、長く働くことができなかった意気地無しだと、転職が少なかった時代の人が言うこともあります。

今や第二新卒での転職は珍しいことではありません。

転職サイトに第二新卒という枠が存在することからも、もはや一般的になっていると言えるでしょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。