コンサルタントへの転職の採用面接

転職をしてコンサルタントになるには、採用面接が避けて通れません。コンサルタント会社の採用面接はかなり厳しい質問が続くものだといいます。コンサルタントの面接では、前職までの経験や実績が質問されるだけでなく、なぜという点も聞かれます。なぜそうしたいのか、他のやり方や考えはなかったのか、他にやり方をいくつか挙げてといった具合です。いい加減な答え方をしていると、とたんに鋭く突っ込まれます。何を聞かれても堂々と答えられるようにしておくことで、コンサルタントの面接も評価が高くなります。面接では、職歴や実務面について質問されることが多いので、自身の経歴について明確にしておきます。コンサルティング業界は人気のある業界ですが、年収や人気に憧れて応募するのはあまりおすすめできません。キャリアパスが、コンサルタントへの転職を果たすことで終了するといったものではありません。コンサルタントの日々の仕事はけっして派手ではなく地道なものです。実力が伴わない人にとっては非常に厳しい業界です。コンサルタントであり続けるためには、転職を果たしてからも努力を継続することが大事です。転職を成功させるために、コンサルタント会社の採用面接では、コンサルタントとして働くことへの心構えをはっきりとアピールすることです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。