転職コンサルタントになるには

どうすれば、コンサルタントに転職を遂げることができるのでしょうか。コンサルタントになる方法として最も一般的な方法は転職してコンサルタントになるというものです。中途採用者を対象とした求人を出すことが、コンサルタント業界では多いようです。他の業界のように、新卒者の採用ばかりをすることはありません。最も転職コンサルタントになりやすいのは上流工程に強いSEです。多くの場合、まずSE時代を5~7年ほど経てから、コンサルタント会社へと転職します。SEとして働いていた時に、業務の全体像や管理のパターンを知ることによって、業務あるいはITコンサルタントとして働けます。転職活動では、日々同じ仕事をコツコツとしていたというより、作業全体の流れや管理に関わることを行って実績を上げていたという点を強調した方が、コンサルタント会社へはアピールしやすいでしょう。事業会社の企画部門や公官庁から外資系の戦略コンサルタントに転職した人もいます。企画力があることや、職務遂行の実績があって、コンサルタント会社に採用されたという形です。人事部での経験を生かせば人事、組織系のコンサルタントへの転職が比較的簡単のようです。コンサルタントの仕事について活躍をしているのは、様々な業務での第一人者です。コンサルタントとして働くには、かつての職場での実績がものを言います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。