高卒で仕事をはじめる人の場合

高卒で就ける具体的な仕事について調べてみました。

事務関係の仕事は高卒の求人でも比較的多い職種になります。
事務といっても仕事内容には幅がありますが、一般事務や会計事務などは、高卒者でも就けることが多くあるようです。

以前は、計算能力や、文章の作成能力が事務では重視されましたが、この頃はパソコン操作もできることが事務仕事では基本となっています。
営業事務という、販売会社の営業の仕事をやりやすくするための事務仕事を担当する人もいます。

販売は、高卒でも採用される可能性の高い職種です。
商品の販売員のことを指しています。
具体的にどんな仕事をするかは、販売する商品によって会社ごとに差があります。
職種だけで決めるのではなく、会社や業界の事についても、しっかり調べた上で、就職先を選ぶようにした方が賢明です。

販売の仕事以外では、ものを作る仕事も数多くあり、主に工業系の高校からの就職率が高くなっています。
工場で作っている品物のチェックや、製造関係に配属され、製造業で働くという人は高卒では大勢います。
製造業の仕事では、専門的な技術や知識に触れることも多く、様々な資格を取れる場合もあります。

日本はまだまだ学歴社会であり、最終学歴が何かによって就職してからの給与などにどうしても差が出ます。
ですが、かつてほど学歴偏重社会ではなくなっています。
これまで経験した仕事の内容や、資格のほうが、高卒か大卒かといったことより重要な決め手になる傾向が出てきています。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。